So-net無料ブログ作成

道の駅にいる人たち [超個人的感想]

夏休みに入った。1学期には一度も休みがなかったので、休みはたんまりとある。ここは休ませてもらおう。登山が休みになるのかどうかは人によって評価が分かれると思うが。

北海道のあちこちに出かけ、すでに函館方面から知床まで大縦走してしまった。しばしば道の駅に入り、休憩をとる。道の駅にはいろいろな人たちがいる。登山をしていると道外の方も結構な数いらっしゃることがわかる。たまたまなのかわからないが、リピーターの方がひとりで回っていることが結構あるように思う。1週間から2週間滞在して、北海道の主要な山を登っているようであった。ずっと天気が良ければよいのだが、残念ながら今年はそうでもなく、これまでいい思い出を残している方々にとっては、少し残念そうである。今年はヒグマにやられた方の話も聞かれるので、慎重になってもらいたいと願う。

北海道にどのようなことを求めてこのような方々が来られるのかはそれぞれであろう。家族連れの方がいる一方で、単独の方が黙々と地図を広げながら旅の構想を練っている姿も目に留まる。老夫婦の旅もあれば、小さな子連れの方もいる。思い思いの旅を続けている中で道の駅にたまたま集っている。

北海道の夏は短い。特に単独で来られて、山に挑む方々にとっては、個々との戦いだと思うけど、楽しんでもらえればいいと思う。
unnamed2.jpg

nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー