So-net無料ブログ作成

それでも地球は回る [超個人的感想]

ここしばらくはいろいろな人と話していた。

話の中で昔お世話になった方がどうやら亡くなったらしいという話を聞いた。かなりショックだった。

いろいろな形でお世話になった方は、自分自身の一部分を作っているのかもしれない。そういう影響力を持っている方だった気がする。早期退職されて、しばらくたって、そういえば元気なんだろうか、と、この前思っていたばかりだったが、まさか亡くなっているとは。でも、このくらいの年齢になれば、あり得ない話ではないのだ。

直接的に聞いた話ではなく、風の噂のような話なので定かではないにしろ、これが現実だ。受け入れるしかない。

人は少しずつ死に向かっている。他者の死をどのように受け止めたらよいのか。こういう経験が増えていくことになるのだろうなと、ふと思う。

一方で、そうだからと言って、時間は止まるわけではない。世の中の時間は着々と動いている・・・。

仕事人間であることも少し考えものだな。少し余裕を持って仕事をするようにして、ほかのことにもきちんと向き合わないといけないと思った。働き方改革は自分の身の周りでどのように具現化されていくのか。今のところは、あまりよくわからない。そういうこともきちんと心を落ち着けて考える時間がほしい。
nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

nice! 10

コメント 2

tyuuri

 私も、昔お世話になった先輩の訃報を、何年も経ってから知ることが度々ありました。伝わるルートを持っていないせいですが、切ないものがありますね。
by tyuuri (2019-02-20 21:06) 

bashy0322

>tyurriさん
コメントありがとうございます。ここ数日、明るくない話ばかりですみません。
生きている時間が長ければ長いほど、このような話に触れることが多いわけですが、生きていると超えていかなければならないことが多いですね。

地元でも、もと中の人たちの中でもなくなったという話をよく聞くようになってきました。特に仲が良かったわけでもありませんが、悲しいものがありますね。
by bashy0322 (2019-02-21 07:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。