So-net無料ブログ作成

修学旅行が終わると受験の雰囲気へ [進路指導]

ついに修学旅行が終わってしまった。2年生副担としては、いよいよ受験対策としての意識を高めなければならない。

だいたいベネッセの模擬試験で言えば、11月の模擬試験あたりからギアが上がってくるというのが、このへんの受験生の定番の流れである。あまり実力がない生徒からしてみれば、ここまでに少しでも貯金があればいいとは思うが、抜かれるときはあっという間である。力がある生徒で馬力がある生徒は、基本的な力がそれなりにあればあっさりと抜き去ってしまうことがあるものである。そういったさまざまなファクターを考えて指導していかなければならない。

私が手がけている生徒が何人かいる。今年は久しぶりに長期展望に立って指導する学年に所属することになったので、腰を据えて指導している。一応、AO・推薦・一般受験とあるので、その話もしながら、戦略を練っている。3年生は受験のかき入れ時である。

1年生と2年生では指導の方向性をやや変えなければならない。センター試験廃止。ついに目の前の現実として現れるこの事柄に向けて、具体的に動く必要性も出てきている。英語の先生にセンター後継の制度について質問をするなど、情報も集め始めている。

部活動の大会と修学旅行が終わったらほっと一息と思っていたが、部活動の大会が上位大会に進出できたことも併せて、修学旅行で海外に行ったことから歯痛で通院生活が始まったことも併せて、修羅場の日々はもう少し先まで続く。
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。