So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

思考力を問う問題 [超個人的感想]

「思考力を問う問題」というお題が出された。

今までの問題は、単に覚えればどうにかなる問題だったのかも知れない。2年前、通信制の大学で単位取得のために解いた問題は、どちらかといえばその要素が強い問題であった。もしも、自分の目に写真データを保存するような機能があれば、教科書をそのようにして試験に臨めば満点になるような科目も複数あった。生徒もこんな気持ちなのかもしれないな、と思ったものである。

しかし、そんな機能は今はパソコン、膨大なデータベースの中から掘り返せば良いだけの話である。確かにそんなことを記憶することに意味があるのかと言われると、疑問を持ってしまうものもある。教科情報の学びを深めたり、アクティブラーニング型授業の話などを聞くと、そんな気持ちになってしまうときもある。

今年は、これまでの授業よりかは少し難易度が低めの生徒たちを相手にしているが、エッセンスはそのままで、本質的には変わらない授業を展開しているが、まったく本質とはかけ離れていて、やむを得ず内容はわからないがとりあえず覚えてしのごうとする努力家にもやったかいを評価できるように、気を利かせた問題も出している。でもそれは、確かにあまりその人の一部の何かになっているのか、そうでないのか。難しいことだが、それはそれで何かの役にたっているような気がしてならない。

思考力を問う問題。なかなか難しいことを言われる時代になったものである。人間らしいとはどんなことなのか、比較対象としてAIの台頭もあるので、そのへんの研究も併せて注目していきたいと思う。
nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。