So-net無料ブログ作成

場合の数・確率の参考書 [参考書・問題集情報]

場合の数・確率の問題集を東京に行ったときに見に行った。数学ⅠAの分野で、理系の記述型の入試でもきちんと出される場合の数・確率の分野はニーズが広い。それだけに、そこそこの難易度という問題集はあるようで少ない。ただ、他の分野との連動性が少ないので、ピンで参考書を探すことはできるが、問題集はそれなりにあるが、参考書はなかなかいいものは見当たらない。

この分野の場合には、講義調の参考書も選択肢に入ってくると思うが、今回は、そこは考えないことにした。生徒のニーズは「高速トレーニング的なものがいい」という話でもあったので。

合格る確率+場合の数


新学期が始まり、生徒たちは確認のための試験を受験。各種の実力試験でいきなり効果が出るほど、世の中は甘くない。しかし、じわじわと効果は現れる。それを信じられる生徒は伸びる。長い目で見て結果が出せるよう、なってくれればいいが。さしあたり、高速トレーニングの2次関数と三角比は終わった。センターの点数配点ベースで数学ⅠAの3分の1。先は長いが、次は、選択問題である「確率」をきっちりつぶしていくことにしたい。
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。