So-net無料ブログ作成

デジタルサービス続々 [勤務校関連]

少子化でデジタルサービス合戦が続いている。

子供たちが少なくなれば、市場全体が縮小傾向になるわけで、そうなること自体仕方がないが、限られた子供たちをどのように取り込むかでしのぎを削っている。

課程が変更して初めての教科書の改訂版が出るこれから、教科書会社がデジタルサービスを打ってきた。それぞれの会社が独自色を打ってきたが、この結果がどうなのかは、その教科書の採択が教えてくれることになるのだろう。教科書は学校であれば必ず買わなければならないことになるのだから、「購入は任意」ということにはならないという意味では、非常に重要な市場であるのだろう。

模擬試験のサービスも、代ゼミが撤退したことで、やや寡占状態になりつつあるとは感じつつ、その状況下でさえも新しいサービスが次々と出てくることに驚きを禁じ得ない。スマホやパソコンを使ったサービスが当たり前になってきているのを感じる。もはや、スマホを持っていない生徒は圧倒的に少ないのが現状だ。


加熱する子ども確保のための戦い。勝つのはどこなのだろう。そして、負けた場合にはどうなるのだろう。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0