So-net無料ブログ作成

数学の計算革命の改訂版 [参考書・問題集情報]

ちょっと前になるが、数学の計算革命の改訂版が出版された。


内容も、以前のものに比べると、ずいぶん改訂がなされた。本も厚くなり、内容も濃い。

紙面だとどうしても、問題の攻略の仕方、特に計算の方法については「見て学ぶ」ということが難しく、説明も思い通りにはいかない。計算は正確に行うことを前提とした省略の度合いが大事である。何でもケアレスミスを怖がるあまり書きすぎるのも良くない。「適度に暗算して適度に書く」と言うことのバランスで成り立っている。ここの部分をどう表現するのか、なかなか難しいものである。

究極的には解法は「見て盗め」ということでもあるが、計算の部分で見せて教えるのが難しいという意味で表現の限界がある中で、紙面の中で、そのような学びができるこの本の存在価値は独特のものがあると感じた。ちょっとした時間で、こういうトレーニングを取り入れても良いのかな、と思う。
nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 12

コメント 2

留数

 計算ドリルといえばそれまでですが,想像以上に練り込まれているようです。旧版は以前講習の機会に部分的に使ってみましたが,不思議なもので,数日のうちにみるみる生徒の計算スピード・正確さが高まりました。
 この本のはしがきに書いてあったと思いますが,この問題集をいつやるのかという点については,本番の試験で最高の実力が発揮できるように,逆算して始めましょうということでした。スポーツ選手が本番に間に合うようにスケジュール管理して体力作りをするのと同じなのだと。確かに,相通ずるところがあります。
by 留数 (2015-12-09 20:53) 

bashy0322

>留数さん
コメントありがとうございます。いつやるかは確かに難しいですね。3年生が息抜き?で取り組むのも悪くないかもしれませんし、このためにまとまった時間を取るというのもどうかな、とは思うので、「ちょっとした時間に少しずつ」でも良いのかもしれません。
 練習するための練習のような形にはないようにするのが現実的でしょうか。あくまでもサブ的な位置づけで、ということで。
by bashy0322 (2015-12-18 17:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0