So-net無料ブログ作成

角の二等分線と折り紙 [教科(数学)指導者として]

先日、久しぶりに折り紙をした。とある数学の研究会での話だった。

三角形における角の二等分線が1点で交わること(内心)や、辺の垂直二等分線が1点で交わること(外心)は、折り紙で見せれば分かりやすいことを学んだ。折り紙から数学を学ぶことができるとは、「奥が深いな、数学!」と改めて感じた。よくよく考えてみると、折り紙の本を書いている人は凄いな。どうやって、立派な造形物を折るための手引書を作っているんだろう・・・子供のころには考えもしなかったことを数学屋の視点に立ってみると、感じられるものがあるものだな、と思ったのだった。運営している先生には感謝の一言だ。

しばらくパソコンと向き合う日々。数学の勉強もしたいが、私が動かないと、次の週の時間割ができず、生徒も先生も学校も動かなくなるのは困るので、やるしかない。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0