So-net無料ブログ作成

指導者は自ら取り組んだ参考書を使いたがる [参考書・問題集情報]

赤チャートが出版される。こういうブログをやっているからなのか、出版会社さんは早めに見本を持ってきてくれる。ありがたい話だ。

教員は自分が使っていた参考書を信頼する傾向がある。4STEPを使っていた人は4STEPということか。若い世代の先生はフォーカスを使う人が増えてきているようだ。ということは、生徒に勧めるのはフォーカスゴールドとなるのか。まだまだ4STEP派は多いだろうが、少しずつ絵地図は本当にいい参考書にシフトしていくことになるのだろう。そういう意味では、数研出版もうかうかしてはいられない。

ネットなどで容易に情報を得られるようになってきたこの時代。時代は少しずつだが確実に変わってきているのを実感する話だ。
nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 6

コメント 3

留数

 赤チャートは既にいまの課程でも出版されているので,改訂版でしょうかね。昨今はフォーカスゴールドも幅を利かせているので,それを意識しているということなのでしょうが,二番煎じで逆襲しようというのは,後出しじゃんけんのようなもので,(機動性はよいとは言えるが)やり方としては感心しないですね(過去で言えば,東京書籍のニューアクションが解答を分厚くしたから数研をはじめ他社が追随した,なんてことも)。
 というのは,ただでさえどの参考書もぱっと見では代わり映えがしない最近の状況で,さらに内容も他社を意識して似せました,というのでは,事実上生徒たちの選択肢が狭まるわけですし,ある意味ではその出版社らしさが薄まり,魅力を失うようなもので,残念な話です。出版社ごとに色が出るのは当然で,それぞれに持ち味はありますから。
 それにしても,傍用問題集もろくにやらずに参考書と呼ばれるものを片っ端からやる子が多くなったものです。辞書を初めから読むような行為だが,いまの高校生は手取り足取りの方がいいのだろうなあ。そもそもそれ自体が,パーを増やすことに荷担しているのだから,その罪は大きいです。
by 留数 (2015-09-26 19:23) 

shira

 確かに自分が使ったものは信頼しますからね。
 私は学生時代にいわゆる単語帳を使ったことがありません。だから生徒に単語帳の斡旋を求められると困ります。
by shira (2015-09-27 22:30) 

bashy0322

>留数さん
ありがとうございます。赤チャートからフォーカスゴールドの話になるとは思いませんでした。考えるということをしなくなったというのはその通りですね。偏差値60を超えるような大学でも、パターンに乗っかっていない問題を出したら途端に正答率が低くなるという話のようですから。

>shiraさん
うちの学校には文法を一切やらない先生がいます!そういう方法が正しいのかどうか、よくわかりませんが・・・。その先生は文棒を学んだことが無いこともないように思うのですが…どうなんだろう。怖くて聞けません。
by bashy0322 (2015-10-04 23:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0