So-net無料ブログ作成

看護は文系に入れるべきか理系に入れるべきか? [進路指導]

大学進学希望で看護希望者が空前の人数になっている。クラスの生徒も看護希望者が非常に多い。この生徒を文系にくくるべきか、理系にくくるべきか?勤務校では少し話題になった。今のクラスには文系にも理系にもいるので、どちらでもいいのか・・・?

毎日のように大学の入試科目についてリサーチしているので、感じることは、配点からすると、一般的な多くの大学は国語、英語、数学、理科となるが、その中でも数学は数学ⅠAと理科基礎で受験できることが多い。このオーダーは、文系の配点が多く、そこからすると文系と考えても問題はない。

ただ、難関校になれば、当然のことながら、数学ⅡBが必要になるし、理科も基礎科目ではないところも出てくる。個別に調べなければならないことはあることはあるが、文系の配点が思いの外大きいところも多いところからすると、文系の力を固めることが必須で、決定的に差がつきやすい数学と理科でついて行くという展開が望ましいように思うが、どうなのだろうか。

ということになれば、国語と英語で圧倒的な点を取るいうのもひとつの戦略としてありだ。

数学と理科が得意ということは苦手な人間に圧倒的な差をつけられるものという位置づけにできるので、それはそれでいいと思う。

それはそうとして、ここまで看護系の人気があるのも恐ろしい。これまでは聞いたことはないが、看護師が余るという時代は来ないのだろうか。先日学校を訪問させた方の話によると、そうはいっても18歳人口が減っているのでしばらくはそういう時代は来ないという話のようではあったが・・・この辺だけの特殊事情ではないのかなあとも思う。
nice!(13)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 13

コメント 5

いっぷく

学際系なんでしょうね
by いっぷく (2014-08-15 05:26) 

shira

 国公立大学狙いなら理系でしょう。文系向けの理科基礎2科目では受験できないところもありますから。
 どうしても文系から行こうというなら、自分の科目で受験できるところをしっかりリストアップしてからでしょうね。
 一番困るのは「文系でも看護は行けるって言われたから」てな軽いノリでラクな文系を選ぶタイプですかね。
by shira (2014-08-15 22:42) 

ラン

これからは、フリーランス看護師が増えるかもしれませんね。
しかし、看護系の人気っぷりには私も怖さを感じます。(看護の道を選んでくれるのは嬉しいですが)
私の学生時代はもっと覚悟が要りましたが・・・今は案外すんなり看護を選んでいる人も多い様で・・・大丈夫なのかしら・・・と感じています^^;

by ラン (2014-08-16 21:19) 

ちえぞう

今度の入試から、国公立大学の看護系も、センター試験の理科で専門科目を課す大学も出てきているので、理系という認識のほうがいいような状況ですね。
大学ごとに選択パターンが異なるので、従来のように自己採点を見てからではなく、自分の科目選択パターンにあった大学がどこなのか?を知った上での受験が必要になってきたように思います。
by ちえぞう (2014-08-17 14:20) 

bashy0322

皆さんコメントありがとうございます。

>いっぷくさん
文系と理系のどちらの要素も持っているということなのでしょうねえ。そういう中間的な位置づけのものも少なからずありますね。環境系とか。

>shiraさん
クラスにたくさん志望者がいるので何となく見ているのですが、国立大学は比較的数学もⅠAとⅡBまで必要なことが多いのですが、公立大学はⅠAだけ、というケースが多い気がしています。生き残りを目指す大学の場合には、公立の点数が足りない人たちを獲得しようと言うことなのか、数学ⅠAのことが多いです。理科も基礎科目でOKというのが公立では多いですかね。私立大学の方は、数学と同様、基礎科目でもOKということが多い気がしています。

>ランさん
看護師の異様な人気のため、看護師が余るのではないかという新聞記事を最近目にしましたね。確かに、それほど間口が広がってきていますね。
そもそも、進んだ先では比較的文系なのか、理系なのかというところも気になるところです。そこまではちょっとわからないので・・・。

>ちえぞうさん
看護系の上位の学校は比較的そうなりますね。たくさんの国公立大学の受験の選択肢の中で選ぶと言うことの中の1つであれば、理系でないと厳しいですね。最大公約数的に言えば、理系ですね。
by bashy0322 (2014-08-17 21:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0