So-net無料ブログ作成

進路指導の難しさ [進路指導]

今の子供たちは、肯定されて人生を生きてきている。否定的なケースはまれである。ほめて伸びるタイプと標榜するタイプもいる。別にそのこと自体は悪いことではない。

しかし、世の中の実情と激しく乖離している進路志望を口にするケースが少なくない。

私がそこに携わることがたまたま多いのかも知れないが、「声優」「俳優」「ミュージシャン」の類。

確かに可能性は理論上ゼロではないが、何をよりどころとしてそれになることができるのかという根拠が乏しいケースがほとんどである。毎日発声練習をしているわけでもないし、音楽活動のために何かをしているということでもないようだ。

ただ、テレビやインターネットの演出により、身近になったということなのだろうか、真剣に考えているものも少なくない。アイドルになる一般人も少なくない。勘違いが起きやすいということなのかもしれない。

ともあれ、頭ごなしに「あきらめろ」と決めつけるのもよくないだろうし。生徒は人生経験が少ないので、失敗や挫折が少なく、なんだかんだいってこれまでうまくいっていたという妙な自信だけは持っているし。うーむ。
nice!(11)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 11

コメント 3

留数

 芸能の世界に入ることが仮にできたとしても,それで食べていけるかどうかとなれば,ほんの一握りですからね。それこそ,普通にバイトをしている方が儲かるという気もします。
 人生経験が少ないかどうかよりは,失敗や挫折をさせないような風潮があるから,勘違いが増えるのでしょうね。ほどほどでうまくいっているというのは,本質的にはそれほど本人のためになっていないですから。下手に手助けせず,落ちるところまで落ちて分からせる,というのが本来のあるべき姿なのですが,この時代,そういう方針というのがとりづらいというか,無責任だととられるのは,残念なことです。
by 留数 (2013-12-01 08:19) 

shira

 その種の志望者は私もときどき相手をします。私は常に「で、そのために今なにをしているの?」と聞くことにしています。声優志望ならすでに自主制作アニメくらいはやっているべきだし、俳優志望なら劇団に出入りしてなきゃダメでしょう。ミュージシャン志望なら作品の1つも聞かせてもらいたいところでしょう。
 以前、作家志望という生徒がいたので「どんなもの書いてるの?」と挑発したら、後日A4で50枚くらいの「作品」を渡されて面食らったことがありましたけど、こういう生徒は稀ですね。
 本当に好きなことなら高校在学中にもう何か始めているはずです。それがないのなら「やめとけ」と言いますね。
by shira (2013-12-01 21:12) 

bashy0322

>留数さん
ほんの一握りなのですが、可能性がないわけでもない、ということに根拠を見いだすのです。挫折が少ないというのは、こちらが相手のことをあれこれ考えて、その上で先の手を打ってしまうからなのでしょうね。余計なお節介というのも考えものですね。

>shiraさん
本当に好きなら何かはじめる・・・その通りですね。夢ばかり見て何もしないという人のなんと多いことか。誰かが教えてくれると信じて疑いがない人も多い。だから進学するんじゃないかという人も中にはいます。進学先にすべてが整っていると思っている人もいますがそうでもないのですが・・・。
by bashy0322 (2013-12-03 05:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0