So-net無料ブログ作成

ipadの教科書版続報 [参考書・問題集情報]

数研出版のipad用の教科書のライセンスは1本4000円になったそうだ。

数研出版の方は、このブログの主であるところの私をよく知っているので、私に直接言いに来た模様。完全に私の面が割れている。もう諦めているけど。東京書籍が4200円に対して、数研出版が4000円と言うことになった。念のため確認。こういうのは後発隊の方が強い。


ちなみに、最近の教育現場では、デジタルデバイスの活用がうたわれているので、教育関係者の方が買っているようだが、学校でライセンスを購入するという話は出ていない模様。買うとしたら、どうやって公立高校の事務はライセンス代を払うのだろうか・・・少し気になった。
nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 12

コメント 1

ちえぞう

お久しぶりです。

東京書籍のデジタル教科書は、同社発行のリーフレット
http://www.tokyo-shoseki.co.jp/soft/pdf/iPad_digital_highschool.pdf
によれば、1本4300円のようです。
iTunes Storeでも4300円と表示されています。

4300円にしても、4000円にしても、その金額でどこまでの内容が含まれているのか? も気になります。
東京書籍の数学の場合は、I+Aでの料金で、教科書+傍用問題集ですけれども、数研出版の場合はどうなのでしょうか。

ライセンスの仕方も異なるようで、東京書籍はiTunes Storeで有料アプリ購入の形ですが、数研出版はiTunes Storeで購入するのは無料のアプリケーション「数研出版学校用本棚アプリ」で、同社から発行されるIDとパスワードによって書籍本体が利用可能になるということのようです。

また、東京書籍の場合は、「Apple Volume Purchase Program」
http://www.apple.com/jp/education/volume-purchase-program/
によって、同一アプリケーションでの20台以上の購入ならば半額と説明されていますが、数研出版の場合はどうなのでしょうか?


いずれにしても気になるのは数研出版のサイトのほうに「学校用本棚アプリ」についての紹介・説明ページが見当たらない点です。
東京書籍のほうは、まがいなりにも
http://webworld.tokyo-shoseki.co.jp/tdt_pv.html
のようなページがあって、内容などについて見当がつくのですが…。


ライセンス代の支払いについては私も気になります。

by ちえぞう (2013-06-17 07:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0