So-net無料ブログ作成

センター試験の選択問題のマークミスの可能性は大失点を誘発する [受験生たちへ]

センター試験の本番で、もしも、選択科目のマークを間違えれば、致命的なミスとなる。「そんなの誰でもわかっている」と思っているし、実際そうであらねばならない。だが、実際問題として、それがわかっていても、そこまでの人生の中で最難関と思われる選抜試験がセンター試験だったりすると、本番で、「あ、社会の選択科目マークし忘れたかも・・・」「数学ⅡBにマークしたかな・・・」と思った瞬間、頭から離れなくなり、さらに試験問題に手が着かなくなり、本番では大きな失点につながる可能性がある。下手をすると、選択科目を間違えれば、志望校を受ける権利すらなくなる。

実際、このことで少なからず受験生の心理に大きく影響を与える場合は多いように思う。十分、受験生は、模擬試験時期からこのことについて留意してもらいたい。普段学校で受験している現役生であれば、ある意味、「先生が直しているだろう」という安心感が働くかもしれないが、本番では、試験官に聞くこともできず、悶々とすることになるのかもしれない。試験官も、受験生の人生に関わるようなものに触れることもしたくない(何らかの責任を負いたくない)だろうから、直してくれることに期待すること自体が間違っている。受験生は自分の身は自分で守るために、普段確認することがないようなものでも、きちんと確認をするという習慣をつけたい。これは練習段階(模擬試験や平素の段階)から意識すべき事柄である。

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0