So-net無料ブログ作成

マニュアル作成のセンス [趣味・特技]

いろいろな分野でマニュアルというものが必要とされるようになった。

これは昨今の産業構造が関係しているのだろうが、正規社員と非正規社員がいたとすると、非正規社員はマニュアルで行動すると言うことで正規社員がマニュアルを作成するというケースが増えているのだと思う。

しかしながら、正規社員が作ったマニュアルがしっかりとわからない人のことを十分に踏まえられているものになっているかというと、正直、センスのある・センスがないがあるように思う。


そのセンスというのは、いかに相手の状態を正確に把握できるかだと思う。

相手の状態というのは、自分の知っている世界では常識であっても、必ずしもそうとは限らないと考え、そこも含めて考えることだと思う。

それから、もう1つ、作ったマニュアルをきちんと検証すること。それをすぐさまマニュアルに反映することである。これはよほどまめな人間でなければ、検証をすることをしない。結果として、次に同じようなミスを犯す原因となる。ミスはあっても仕方がないところはあるのかもしれないが、そこを反省して次のケースにつなげるというセンスが、必要だと思うが、残念ながら、そういう人は少ない。

結果、しっかりと考えてマニュアルを作る人のものと、そうでないものは格段の差がある。

マニュアルを作る側に立つ者は、その点を特に留意してもらいたいものだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0