So-net無料ブログ作成
検索選択

マセマの合格シリーズを読んで思ったこと [教科(数学)指導者として]

マセマの合格数学Ⅰ・Aを読んだ。生徒もこの参考書シリーズをよくやっている光景を見かける。

生徒が購入するのには何らかの理由があると思ったので、問題を解くまではまだしてはいない。

読んで思ったことは、マセマの合格シリーズでいえば、この冊子には本文内に書かれた問題しかない。青チャートをしたばかりの私からすると、例題があって練習問題をするという流れにはなっていないが、どっちがいいのかな、とふと考えた。

とはいえ、青チャートも例題のみ行うというスタイルで勉強をしている人も少なくないようだ。十分いいのだと思う。青チャートとマセマの合格シリーズとはそもそも参考書のコンセプトが違うわけだから、比較するのも変な話である。

この手の参考書の生命線は、「選題がいいか」に尽きる。選題はいい。与えられた紙面の中に上手に内容を入れなければならないのだが、そのへんも上手に入っている。さすがだ。したがって、この例題というか本文の問題を隠して取り組んで、わからなかったら本文を読みさえすればいい勉強ができると思う。青チャートの重要例題や4STEPの発展と同じような問題もあるけど、総合的にみると難易度は「やや上」かな。

マセマの合格数学Ⅰ・A


時間があったら、この問題集の方も見てみよう・・・。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校