So-net無料ブログ作成

永遠のテーマ [超個人的感想]

学校祭の活動が最盛期、疲労困憊の中、先週末は熱が上がった。それを乗り越えてでもストレス発散に登山したりしながら、どうにかメンタルを整えている。アクティブラーニング型授業もどうにか続けている。

生徒と学校祭の買い出しに行ってるときだったか、そんな中にいるある生徒にお金がたくさんあって忙しい人生と、お金がほどほどあってゆとりがある人生とどちらが良いか聞いてみた。

即答だった。「お金がほどほどあってゆとりがある人生」。

やはりそう来たか。この言葉だけではくくることはできないが、今の子たちは、そう思っているような気がしたよ。無理はしない。(しわ寄せは責任者にやってくる、という訳か。)

生徒たちは、ブラック企業の話を良くするが、今の時代に生きていれば、そういう子たちが多いかも知れないな。その対角にいる私を見て、彼らは気の毒にと思っているに違いない。

であれば、これからの学校祭のあり方も考えなければならぬ。これからの人たちのために、少し楽ができるように、学校祭のあり方も今年は少し変えてみようと思う。そうしておかないと、根性論で作った伝統では、もはややり遂げられそうにない。

こんな感じで少しライトにするのが、今年の私の仕事のようだ。例年通りでやれば良い仕事かも知れないが、成り立たなくなったら、恐れず内容を変える。批判も多いので、ストレスがたまる。あと1か月、これが終われば、生徒会の仕事は半分以上終わったに等しい。頑張れ自分。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0