So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

データの整理 [超個人的感想]

ここ数年片付けをしているが、見ている限りかなり整理は進んだ。せっかくなので、周りのいろいろな環境を整理している。

身の回りの整理が進んだところで、ついに着手しなければならないと感じているのは、データの整理である。このデータがとてつもなく大きい。気が遠くなるレベルである。それで手をつけていなかった。

しかし、物理的な片付けで得たノウハウを生かして、片付けを初めてみたいと思う。

データの最も数の大きいのは、写真だ。写真の方は、なぜか同じようなファイルがあちこちに分散している。これをすべてさばくだけでも膨大な時間がかかりそうだ。試しにフリーソフトを探してみたところ、いろいろあることがわかった。

まずは表面的なというか事務的にデータを消してから、その上で思い出として使えるものだけ残すことにしたい。ついに片付けもここまで来たか。いつかやらなければならないと思っていただけに、感慨に浸っている。
nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

調整役の日々 [超個人的感想]

職場では調整役の日々を送っている。最近特にあるのが、年寄りと若者の意見の違いの調整である。

年寄りのうんちくが長い。本人たちはよかれと思っているので悪気はない。
対する聞く側は、同じことの繰り返しであることが多いのでうんざりのようである。

まず心がけなければならないことは、長い話でも聞くことである。みんなに対して長い話をしないように、こちらで個人的に機器に聞くことにしている。時間はかかるが、それが一番手っ取り早い。

次に、聞く側に聞き取りをして何の話が嫌か、の聞き取りをする。どの程度どのような話が嫌かを聞き取る。当然その話がメインだとだめである。なんかのついでに聞くふりをして聞くことにしている。

次にうんざりと思っているようだという話をやんわりと話する。ここが一番難易度が高いが、普段話を聞いていれば、どうにかなるのかもしれない。不愉快だと思われても、この話はしなければならない。結局それもまた本人のためである。

ここまでしたら少しどうにかなる・・・と願っているがどうなのだろう。まあ、お互いがいい形で収まることを信じて、実に粘り強く話を展開しているのである。中間管理職的な位置ということはこういうことなのか?と思ったりもする。年をとるとやることが増えるものなのだな・・・。
nice!(15)  コメント(0) 

プリンター考察 [超個人的感想]

私は出さないが、世間は年賀状を出す季節になった。今年苦労したことの一つは片付けだったので、特に片付けに手こずったプリンターについて考えみたい。

新しいパソコンを家電量販店で購入する場合、年末商戦と重なっている場合には、プリンターをセットで買う場合も多いかもしれない。その場合には、特に年賀状ソフトを購入し、プリンターを合わせて購入するというケースが多いかもしれない。

ただし、会社員の場合には、家でプリンターを使うことはそれほどあるのだろうか?

もしもないのであれば、年賀状をプリンターで作成することはあまり経済効果が高いとは思えない。

少なくとも、生徒会会で使っているプリンターは、大変残念ながら使い方が悪いことも相まって、すぐ壊れてしまうように見える。加えて、インクのランニングコストが異様に高い。さらに、場所もとるので、私の片付けの対象の1つになってしまった。

そうこうしているうちに当時の生徒会顧問が放置しておいた壊れたかもしれないプリンターの後継機は増えていき、結果、台数が4台となってしまい管理ができない状態となっていた。そのプリンターのインクを補充すれば使えるのかと思いきや、ネットで調べてみると「インク製造が中止されている」という悲しい話も出てきて、事実上、見た目は新しそうに見えるが使うことができそうにない。パソコンの回転も速いが、併せてプリンターの回転も速い。気がついたらインクが製造中止になるということも多い。管理するのが面倒くさい当時の顧問が買い換えてしまったのかもしれないなと思いながら、整理の必要性に頭を抱えているのである。生徒会のお金は有効に使わなければならない。

結論的にいうが、1年に数回しか使わないかつ年賀状でしか使わないのであれば、居住空間をきれいにするという意味も込めて、プリンターは買わずに、年賀状作成会社に委託することを勧めたい。その方が確実で、手間もとらない。無駄な空間を使わないですむことから、費用対効果が高い人は多いのではなかろうか。

プリンターをどのくらい使うかによるが、それほど使わないのであれば、その方が間違いなく良いと思う。片付けをしている者の実感である。
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

努力できるか? [超個人的感想]

センター試験後継の試験の話がちらほら出てきている。

高校時代にセンター試験を受けた世代からすると、いよいよ変化する時代が来たのか、という思いになる。
この国も1つの大きな変化の時期にさしかかっているんだろうな、と感じている。

人間は変化を好まない生き物である。変化に対応することは容易なことではない。当然、変化すること自体に難色を示す人も少なくない。それをはねのけ実施するとなれば反対の人たちもその気持ちを表すに違いない。その改革が正しいかどうかは別にして、時期が近づいてきたらなおさらのことそのような話が出てくるに違いない。

このために先行的に努力する人たちがいるだろう。出張に行ったり、本を買いあさったり、様々なやり方を用いて努力していく。結局その差がどのような形でこれからに反映されていくのかはわからないが、この積み上げが加わっていけば、教師としての基本的な持っているものが変わってくることになるだろう。

なんの世界でも同じだが、1つの変化に対して、前向きに受け止めるのか、後ろ向きなのかで世の中の風景は違ってくる。

続きを読む


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

朝学習 [教科(数学)指導者として]

朝学習を始めてから2か月が過ぎた。

最初は教えているくらいの生徒が来ればいいなあと思っていたが、気がついたら別のクラスの生徒も来はじめ、人数は増加傾向にある。

講習は30分。先生方の朝の打ち合わせ30分前からスタートしている。模擬試験の過去問を解くのがメインとなっていたが、すでに解く問題がなくなってしまったので、別の企画にシフトしている。気がつけば、1年生と2年生が混ざるようになってきた。混ざってもいいような企画を用意しなければならないので、結局は1年生の復習であることが多くなるに違いない。もっとも、数学ⅠAはだいたい終わったので、2年生も復習としてやればいいだけの話だ。

毎日私が好きなタイミングでやっていることなので、先生方の方からクレームが来ることはないが、一大勢力になったら、たぶん自分に火の粉がかかることが判明しそうになったら邪魔する人間があらわれるのかもしれない。大人の世界はそんなものである。そうなれば「地下組織」にするしかないのかな。
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の5件 | -