So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

EDuPAというサイト [教科(数学)指導者として]

すごいサイトを見つけた。

参考書のことを調べていたところ、私が行き当たったのが「数学Ⅲについて学べるサイト」であったが、それを超えるコンテンツ量。このサイトのコンテンツと作ろうと思った方々のスピリットが素晴らしいと感じた。「思い」がないとこのサイトを作ることができない。

もちろん、すべて見たわけではないが、コンテンツは高校数学のかなりの部分を網羅しているように感じた。これで、数学Ⅲの学習はばっちりかな。しかも、解説されている方が、あの長岡先生である。すごいことだと思う。

ということなのですかさずこのブログにリンクを張らせていただいた。ときどき見ることで私自身の学びにもつなげていきたいと思った。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

学ぶための場所 [超個人的感想]

場所によって「勉強がはかどらない」という人もいる。聞くと、寝床が近くにあるとどうしても寝てしまうと言うことであった。けっこう聞く、この悩み。人はどこで学ぶと良いのだろう。ふと考えてみる。

家では勉強できないという人が、登校して勉強をする。休日に学校に登校する人の大きな理由の1つがそれなのかもしれない。図書館で勉強する人もそういった理由かもしれない。そういう意味でも、万人にとって学ぶための場所がどこなのかと言うことは重要と考えているのだと思う。

別の観点もある。家が一番はかどるという人にとっては、家にいることによってかかるお金も考えるケースがあるのかもしれない。冬場の暖房費や、夏場のエアコン代は家計の圧迫になることもあるだろうからなおさらであろう。

余裕があれば、都心に繰り出し、あえて雑然とした中で勉強をする場合もあるかもしれない。また、自習室を借りるということでお金を払う人もいるわけだから、直接的な学びの場を求める典型例だろう。その場合には、お金ではなく、場所をお金で買うと言うことになるだろう。大人であれば、学ぶための場所に行くためのガソリン代も考慮に入れる必要がある。わざわざ休日に旅行に行って勉強をする人もいるのかもしれない。

お金を払ってでも学びたいという気持ちは、させられてする時にはなかなか芽生えないものであるが、学ぶことが贅沢なことであるということに気がついたときに達する心境なのだろう。生きることは学ぶこと。人間の欲求の1つとして、学ぶと言うことにもっとスポットが当たってもいいと思う。そして、学生は学校という学びの場所をもっと上手に使った方が良いとも。

たぶん、でも、当人は、そういう自覚がなかなか持てないでいる場合が圧倒的だ。

気がついたときには、お金を払って勉強し、勉強する場所を求めている。「自らすすんで学ぶ生徒」を歓迎するこの世の中は、大人の後悔からこの目標を定めているのかもしれない。
nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

名作を買え [教科(数学)指導者として]

参考書や問題集には名作がある。ただし、事情があって、難易度が高い問題集は売れる対象者が少ないことから、あまり販売されない傾向が顕著になってきた。

参考書や問題集を販売する業者も慈善団体ではないのだから、「売れないと作らない」という姿勢は仕方がない。今後も、難易度が高めの参考書や問題集は販売が難しくなる、あるいは作らなくなるということが出てくると考えられる。

と言うことは、今のうちに名作と言われる参考書や問題集は買っておいた方が良いかもしれない。今ある参考書や問題集もいつかはなくなってしまう。古典になってから購入するのではひょっとしたら高値になるかもしれないので、そういうのは購入しておくことを勧めたい。オークションサイトを見ても、名作はけっこうな高値になっている。今あるものがそうなるとは思えないが、買えるときに買っておいて、勉強しておくと良いのかもしれない。

これとリンクする話なのだろうが、実力がある先生方の需要が増しているという話も聞く。実力がある先生と実力がつく参考書・問題集。数学と英語の先生方で、この需要がけっこう高いことは意外と知られていない。考えてみれば、人口が減っていけば、同じ割合だけいたとしたら、人口減少の環境下では、絶対数が減ることは自明である。この価値は、今後さらに増し加わっていくことが予想される。
nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

特定の大学受験対応 [超個人的感想]

センター試験が終わり、国公立大学の2次試験対策、そして特定の大学受験の対策をしなければならない時期、孤独に取り組んでいる。特定の大学とは言え、なかなか普段取り組むことができないこともあるので、そこの大学のいいたいメッセージを汲み取り、こんな問題を出す大学は何を学ぶところなのだろうということを解読している。

受験生と大学との1つのキャッチボールのようなものなのだろう。今回は国公立大学ばかりではなく、私立大学もあるので、良い刺激を受けている。

3年生の授業がなくなった方が授業数が増えている感じのする毎日を送っているわけだが、このような日々を送ることは悪くない。あとは結果が伴ってくれれば良いんだけど。とりあえず、最善を尽くしてみたい。

週末の名古屋では、推薦試験があったり、私大の出張試験があったりして、着々と次年度の学生をとるための準備が進んでいた。
nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

メールアドレスとパスワードの管理は重要だ [超個人的感想]

ついに個人メールアドレスを変更することになってしまった。どちらかといえば、不本意という要因が大きい。

いたずらメールアドレスがあまりにも多いことで大事なメールが埋没するようになった。

さらに、職場から転送するメールが転送されなくなってしまった。やむなく、いったんメールアドレスを変えることにしたのだが、もとのアドレスが使えないことが判明した。もとのアドレスへの転送ができないのであれば、このサーバーのメールアドレスを持っていること自体が意味を持たなくなってしまった。

結果、so-netのメール会員をやめることになった。ある方が、so-netの会員をいったんやめてしまったときに、うっかりコンテンツもやめることになってしまい、ブログが閉鎖になってしまったという話を聞いたことがあったので、慎重に事柄を進め、ブログが閉鎖にならないようにはできた。

メールアドレスを頻繁に変えるのも連絡なども大変だ。

アドレスを決めるときには、よく考えること、ウイルスメールが来ないようなものでもないとダメだし、ランダムな文字列によるメールアドレスの人も意外にいたりして、メールアドレスの決め方もいろいろだと思う。

いろいろなサービスに入った際に、パスワードをいろいろな形で設定するが、膨大な登録の中で1つ1つ違ったパスワードをつけ、かつ忘れないようにメモるのはなかなかの作業だ。これから生きていくために、1つの重要な課題と改めて認識した。
前の5件 | -