So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

北根室ランチウエイの思い出 [超個人的感想]

夏休み中の1番の挑戦は北根室ランチウエイを完歩したことであった。

時々メディアでも取り上げられている北根室ランチウエイを歩こうとなんとなく決めたのは今年の冬のことだった。図書館で借りた本に書かれていたことがきっかけで、新聞記事をみて思いを強くしたように思う。ホームページがあるのでコースはこちらを参照してもらいたい。
http://kiraway.net/

そこからトレーニングを限りある時間を見つけて走っていた。どうやら、モデルケースでは2泊3日を想定しているようなのだが、せっかくなので1泊2日で歩ききってみることを考えてみた。全長71キロのコースを6ステージに分割してあって、2ステージずつ3日で終了という台本を、3ステージずつ2日で終了とすることにしてみた。

6という数字は約数が多いので設定がしやすい。

スタート地点を中標津交通センターそばの駐車場として(それなりに止められる車の台数は多かった)、そこから歩くことに。

しかし、ここが1番のポイントだったが、ルートがなかなかわかりにくかった。どこの場所をどのように行くのか、地図をしっかりと印刷して、確認しながら進めるのだが、どのルートが正しいのかを把握するのが難しかったと思う。おそらく、運営されている方々もその辺は苦労されているのではないか。素敵な道しるべがいたるところにあるのが嬉しい。外国の方が歩いてもいいように、極力日本語は排除してデザインで勝負している標識なのだろうな、と思った。
IMG_5465a.jpg


そこで地味に満ち迷いをしながら、町を離れていく。離れていけば、道は単純になるので、間違えようがないようになる。正確にこのルートを歩くのが1番難しいかもしれないと思った。道を作ってくださった方々に感謝しつつも、正確な道をそのままトレースすることはできなかった。あまりこだわりすぎずに、目の前に現れた道を歩くというのがいいのではないかな、と思う。ともかく、運営の方々が数十キロにも及ぶ道を整えてくださっているのには頭が下がった。
IMG_5477a.jpg

1日目でつらかったことは、開陽台までの道のりと、アブの大群。特にアブの大群は、それなりに天気が良くなれば出てくる。天気が悪い方が良かったと思うくらいひどかった。この時期の虫への対策は本当にしっかりした方が良い。延べ数十万匹のアブがずっとつきまとっていた。もはや刺されること前提。ダメージが少なくなることばかり考え、後半は嫌気がさした。まあ、これも大自然と戯れているとあることだからと言い聞かせて、歩き通した。

あまり考えずに歩き始めて、いけるところまで行こうと思っていたが、第3ステージ終了時の養老牛温泉でギブアップ。たまたまそこにある宿泊施設の宿に空きがあったので、お金がかからない旅を考えていたが、ここは確実に完歩できることを考え、泊まることにした。

養老牛温泉は、その手の客もそれなりにいるだろうから、そこも踏まえた動きが可能である。とにかく温泉に入りまくって、体力の回復、服の洗濯、携帯電話の充電、水の補給、せっかく泊まるのでありとあらゆる準備をして1日を終えた。

2日目は、朝早い段階から宿を出た。朝早い方が、涼しいのでアブの大群に悩まされる時間が少なくてすむ。宿には朝早く出るからと話しておいたので、皆さん寝静まっている間に出てきてしまった。せっかくだから朝風呂に入ってきた。お金は前払いで払っておいたので問題なかろう。
IMG_5509a.jpg

大きなチェックポイントから進む道が比較的迷いやすい。開始早々見事に迷い、行ったり来たりして、気がつけばかなり迂回してしまった。それを抜けると、比較的一本道に出る。第4ステージは長いロード。途中からまたアブの大群との戦いになった。アブを払っている時間が非常に長い。2時間近くアブを払っていると、摩周湖周辺の登山口に突入した。ここから天気が急変し、気温が15度程度になり、アブの大群が去った。

涼しくてアブがいない方が快適。様々な天候に対応できるように、荷物は温かいものも油断なく持参しておかないといけない。私自身は、元々はこちらの地方の人間なので、そのへんの想定は外してはいない。羽織る服を着て、トレッキングエリアに突入した。すでにスタートから60キロ以上歩いていた。ここで登山があるのが、この旅で体力的に1番きついところだったと思う。この旅の事前に登山をたくさんしておいて良かった。時間がかかっても、しっかりとゴールに向かって進むことができた。天気が悪くなったので、さすがに見ることができないかと思っていたが、霧の摩周湖。霧に包まれる道のりを進んだ。

ただ、第5ステージのクライマックスである摩周湖も時々顔をのぞかせ、見ることができた。
IMG_5629a.jpg


第6ステージが終わってから車に戻るためには、ゴール地点のJR美留和駅から標茶駅に出て、そこからバスで中標津交通センターに戻らなければならない。時間が決まっているので、道を急いだ。歩いて進むことを決めていたが、仕方がないので途中少し走ることになった。第6ステージは摩周湖第1展望台から走って駅に移動して滑り込みセーフ。あまりゆとりがなかったが、どうにか行程を終え、中標津交通センターに戻り、無事、車中泊をすることができたのであった。

移動の際に地元の方にお話を伺ったが、地元ではこの取り組みのことはほとんど知られていて、それに対して、協力してくださる方がどれだけ出るかという段階のようであった。そこにはいろいろな方の生活もあるわけで、可能な限りの協力をいただくということで成立している面が大きい。地元の経済に貢献できるようなものになるまでになるのはまだまだ難しいのかなとは思ったが、この場所を知ってもらうという意味では意義はあると思う。いい場所になることにこれからも応援したい。

----------
気がつけば、道迷いしたこと、落とし物をしたことを含めて、2日間で歩いた距離は85キロを超えていた。71キロちょうどと思ってこのコースは歩かない方が良さそうだ。道もときどき変わるようなので、その辺も含めておおらかにこの道を楽しみたい。
nice!(4)  コメント(0) 

1人の時間 [超個人的感想]

夏休みが終わってしまう。

夏休み中には普段できないことをした。天気が悪くなかなかできなかったが、比較的長いウォーキングだったり、ハイキングだったり、登山だったりした。

IMG_5957a.jpg


前半は進学講習、途中出張でかなり離れた場所に出かけた。戻ってきて、かねてから予定していた旅に出かけ、ついでに帰省したのであった。1人の時間は大事なもので、考えることに集中できると、リフレッシュも含めて新しい思考につながっていくものである。こうした1人でじっくり考える時間があるかどうかが、ステップアップには必要だと考えている。

気がつけば、去年から始めた登山が徐々にレベルアップした結果、このようなところに行くに至ってしまった。非日常の日々はしばらく保留。短い夏が終わり、秋、そして冬に向かっていく。
nice!(8)  コメント(2) 

晴耕雨読状態で

学校祭がどうにか終わり、生徒会顧問としてのいろいろは、会計のまとめの作業に入った。

夏休みの出張が終わり、休みに入っている。有給休暇付与、土曜日の振替など、気がついたら、夏休みが長くなっているのはよそでも増えて来ているらしいが、有給休暇付与日に部活動の指導をしている人たちは、これでいいのだろうか。それはどこの学校でもありそうな話だ。

さて、台風が温帯低気圧になったが、残念ながら天候が良くない。仕方がないので眺望を楽しむ登山の方はひと段落とした。その分、たまった仕事などをさばきながら体力の回復も兼ねている。天気が良ければ行動し、悪ければ動けず、学びにふける。「晴耕雨読」とはよく言ったものである。

夏休み前に何の前触れもなくパソコンが壊れた。この時期のパソコンは暑さからなのか経験上良く壊れる。過去には1日に2台、私物のパソコンが壊れたことがあった。中に入っているソフトが高額なため、どうしたものかと非常に困っている。これを救出するのにはかなりの時間を要しそうなのだが、連動しているスマホのデータの方もほぼ満杯で、けっこう困っている。良い景色の写真がどんどん撮れている一方で、データが入りきらないのは残念な気持ちである。

寒い時期になったらこの写真の整理をしながら楽しむことになる。これも晴耕雨読なのかもしれない。雨ではないけど・・・。1年はこのようにして回っていくものなのかもしれない。
nice!(4)  コメント(2) 

キャリア教育の理屈と現実 [超個人的感想]

最近は、教員の職場環境についての話が少しずつネットに上がってくるようになってきた。

私も人のことは言えないと思っていたものだが、大学から入りたての人たちは私たちの世代とはまた感覚が違うようで、いろいろな形での考え方の違いが出てくることが増えた。

今の子たちは、流行の働くと言うことはどういうことなのかと言うことを、多少とは言え学んでいるので、そのへんの考え方がシビアなのかもしれない。もっとも、これは高校の現場とて同様であり、キャリア教育をやって当たり前という今だから特に目立つ。自分で価値基準を教えていて、場合によっては自分がその価値観から外れているのだから、どうしようもない。

結果、学校の活動自体を「ブラック企業のようである」という表現を使いながら評価するのである。それもまた滑稽。しかし、それ活動を強要していて、「それもまた人生」という方なのだから、教師の立ち位置も難しいし、生徒の受け止め方も難しいと言える。

まあ、とは言っても、そうしているうちに少しずつ社会は変容していくのだろう。例えば、かつてのような「生徒のために」という伝家の宝刀があれば、教師は動かないはずがないというのは幻想になりつつある。管理職は何かと「生徒のためだから」という言葉を多用しながら仕事をやんわりと強要する管理職に「他に言うことはないのかね?」と思うほどである。しかし、お金が絡まないと生徒のためだろうが何だろうが、ぴくりとも動かない人たちが確実に増えてきているのだろう。どちらが正しいのかはわからない。しかし、時代の流れは明らかに後者優位に動いている。

学校祭終わる [勤務校関連]

生徒会最大の行事学校祭が終わった。しばらく更新できなかったのは、それがあまりにも激務だったからである。パソコンが壊れてしまったこともあり、思い切り滞ってしまった。

9年ぶりの生徒会顧問だったことから、ずいぶん状況が変わっていた。でも、何もノウハウがなかったら、この仕事は回らない可能性が高い。あまりそういう仕事は望ましくはない。

せっかくだから他校の様子もいろいろと調べていった。比較対象があると、今どきの学校祭を垣間見ることができた。なるほど、だから生徒はそういった学校祭を望むのか・・・といったところだ。

終わったが、残務整理と、保留にしておいて仕事が膨大にある。それをとりあえずやっつけたら夏休み。

数学科に所属していれば、主要教科の先生はそのまま進学講習。他の先生方が好きなことをしているにもかかわらず、講習をやっても手当が出ないのはつらい。教科情報は宿題を含めて何もない。そうなると講習があるのがいかに負担が大きいのかがよくわかる。せめて手当てだけでもほしい。
前の5件 | -